子供のアレルギー対策は生きて腸まで届く植物性乳酸菌で

MENU

子供のアレルギー対策は生きて腸まで届く植物性乳酸菌で

子どものころからアレルギーで悩まされる子は年々増加傾向にあり、アレルギー対策として乳酸菌がとても注目されています。子どもに長期間の薬の服用はさせたくないというのが親心です。そして、薬は症状を押さえつけるだけで、アレルギーの体質を変えるには、他の方法を考えなければいけない時期に来ているのです。では、子どもに負担を与えることなく、乳酸菌でアレルギーを改善させる方法を調べてみましょう。

 

子どものアレルギー対策としての乳酸菌のメリットとは?

アレルギーは体にもともと備わっている免疫システムが問題なので、アレルギーに効く薬という物は存在しません。薬を飲んでも、しばらくの間その症状を落ち着かせる事は出来ますが、それを継続する事は難しく、同じ状況を作り出してしまいます。

 

アレルギー体質の人は、乳酸菌の力をかりる事で、腸内細菌のバランスを整え、腸をキレイにすることで免疫力の向上をサポートする事が可能です。薬は腸内環境のバランスを乱す事もあるので、もともと体に備わっている乳酸菌をサプリや食べ物を通じて取り入れる事はとても大きなメリットであると言えるでしょう。

 

乳酸菌は死んでいても生きていても効果は一緒?

乳酸菌は胃酸などの消化液で殺菌され死んでしまいます。乳酸菌が生きていなければ、免疫機能の向上を見込めないという事ではありません。菌の生死にかかわらず、菌そのものが、免疫機能を作り出している事がわかっています。さらに、乳酸菌は腸内の善玉菌のエサになり腸内の免疫力を高める効果もあります。

 

生きて腸まで届く乳酸菌のメリットとは?

生きて腸に届く乳酸菌は死んで腸に届くものよりも長い間腸にとどまる事ができます。腸の中で生きる時間が長ければ、腸内環境を整える時間が長いと言えます。
生きて腸に届く乳酸菌は動物性よりも、植物性乳酸菌の方が胃酸に強いので、米、麦、豆、野菜等を発酵させて作った味噌、納豆、キムチなど食べて腸内環境の改善に役立てましょう。

 

まとめ

アレルギーやアトピーに悩まされている子どもはとても多く、年々増加傾向にあります。子どもの体は成長と共にどんどん変化していきます。アレルギー体質の子どもは腸の中の善玉菌が少ないと言われているので、味噌や野菜を利用した和食を食べさせることをオススメします。植物性乳酸菌を体に取り入れ、腸に長くとどまるような、生きたままの乳酸菌を利用し、薬がいらない体へ導いていきましょう。

関連ページ

アトピー改善をサポート。植物性乳酸菌の働き
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。
花粉症には植物性の乳酸菌が鉄板
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。
植物性乳酸菌を摂取するならどのような摂取方法がおすすめ?
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。
通年性のしつこいアレルギーには植物性の乳酸菌で対策を
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。
いまどきのアレルギー改善方法。実は腸内からって知っていました?
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。
子供のアトピー予防はヨーグルトが鉄板?毎日のデザートとして乳酸菌を
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。
赤ちゃんのアトピー予防。植物性乳酸菌がベスト?
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。
蓄膿症にも植物性乳酸菌!しっかりと腸内から改善を
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。
副鼻腔炎の正しい治し方。実は植物性乳酸菌が鉄板?
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。