お通じをよくするには植物性乳酸菌がベスト!

MENU

お通じをよくするには植物性乳酸菌がベスト!

慢性的な便秘、そこまでひどくはないけれど食生活が乱れたりストレスが溜まると便秘になりがち・・・。
そんな方はかなり多いのではないでしょうか。

 

生薬を配合した自然な形でお通じを促す下剤もありますが、これは最終手段にしたいものです。できれば普段の食生活でこの悩みは改善したいですね。毎日の食生活で改善してゆくとなれば、取り入れやすいのが乳酸菌です。乳酸菌も、生きてしっかり腸まで届くことが大切なポイントになります。

 

生きてしっかり腸まで届く乳酸菌とは

 

乳酸菌は便秘や下痢の解消に役に立つ優れものです。
ところがどんな乳酸菌でも同じように腸の中で働いてくれるわけではありません。腸内の細菌バランスを整え、良く保ち、体の免疫力を高める効果(=プロバイオティクス効果)を得る為には、乳酸菌が生きて腸まで到達しなければなりません。

 

つまり、酸やアルカリにも強く、乳酸菌にとって過酷な腸内の環境でも生息できる乳酸菌が望ましいのです。この特質を持つのが植物性乳酸菌です。

 

 

植物性乳酸菌は動物性乳酸菌より便秘に効く?

 

乳酸菌の効果はもうすでに皆さんご存知でしょう。
そこで、植物性乳酸菌がなぜお通じにとってより効果的なのかについてお話します。植物性乳酸菌は過酷な環境で生き残るとお話しました。これは、植物性乳酸菌の生息場所と関係があります。

 

植物性乳酸菌は漬け物や味噌などの中に含まれます。これらの食品は塩分を含み、本来乳酸菌が育ちにくい環境にあります。このような状態で育つので、キツイ環境でも育つ強さを持っています。

 

 

植物性乳酸菌の摂り方のポイントは

 

どのくらいの量を、どのくらいの期間取るのがよいのか?

 

植物性乳酸菌を効果的に効率よく摂るのであれば、毎日少量づつ食べるのがお勧めです。私たちが食べた植物性乳酸菌は、体の中に3〜4日間とどまります。その後は排出されます。腸内環境を整えておくには、少しずつ植物性乳酸菌を摂り続ける必要があるのです。

 

 

植物性乳酸菌を含む食べ物は?

 

日本の漬け物類、韓国のキムチ、ドイツのサワークラウトなどラクトバチルス・プランタラムやラクトバチルス・ブレビスという乳酸菌を良く含んでいます漬け物などの良い点は、乳酸菌と食物繊維を一緒に摂れることです。

 

味噌、韓国味噌(テンジャン)、コチュジャン、中国の甜麺醤(テンメンジャン)などテトラジェノコッカス・ハロフィルス という乳酸菌が含まれています塩に強いのが特徴の乳酸菌です。

 

 

植物性乳酸菌がお通じを整えるのにより効果的だと言われる理由は3つあると思えます。一つには腸まで生きて届くという特質です。そして、日本人にとって慣れ親しんだ食物の中に多く含まれています。さらに馴染みの食品なので安心して毎日摂り続けやすいということです。

関連ページ

植物性乳酸菌ラブレが便秘にいいって聞くけど本当?
CMなどで乳酸菌ラブレが便秘に効果があると伝えられていますが果たして本当なのか?
生きて腸まで届く植物性乳酸菌。お通じの改善にも
植物性乳酸菌は生きて腸まで届き、便秘に効果テキメン!という話はよく耳にするのでは本当にお通じの改善に効果があるのでしょうか?
便秘の改善は植物性乳酸菌で
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。
便秘解消に良し!植物性乳酸菌が含まれている食材・商品
植物性乳酸菌が含まれている食材や商品を紹介しています。便秘のお悩みの方はチェック!
話題の植物性乳酸菌。どうやって摂取すればいい?
CMなどで話題の植物性乳酸菌ですが、主な摂取の仕方は?詳しく解説しています。
コロコロ便は病気の兆候?植物性乳酸菌で良い腸内環境へ
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。
よく下痢になる方は植物性乳酸菌を毎日の食卓に
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。