便秘の改善は植物性乳酸菌で

MENU

植物性乳酸菌と便秘

乳酸菌が便秘改善に効果があるということは、広く知られているのではないでしょうか?
そんな乳酸菌ですが、主に2つのタイプに分けることができます。動物性乳酸菌と植物性乳酸菌です。特に便秘を改善するために使用するのであれば、植物性の乳酸菌がより効果的といわれています。どういうことか、詳しく調べてみましょう。

 

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌とは?

              

動物性乳酸菌とは、チーズ、ヨーグルトなどの発酵乳食品に存在するもので、栄養が豊富でバランスの良い所にのみ生育という特性を持っています。

 

一方で植物性乳酸菌とは、ぬか漬けやキムチなど植物を発酵させた食品に存在しており、劣悪な環境下でも生育することができる菌です。

 

植物性乳酸菌が便秘により効くとされる理由

どうして植物性乳酸菌が動物性乳酸菌よりも便秘に効果を発揮できるのか?
という点は、生育する環境に秘密があります。上記で見たように、動物性乳酸菌の場合は生育環境がいいところでのみ生育することができます。

 

しかし植物性乳酸菌の場合は、漬物などの塩分が含まれているところでも生育をすることができるのです。塩分などは乳酸菌の成長を邪魔する成分とされています。そのような成分が含まれているところでも、育つことができる強さを兼ね備えているのが、植物性乳酸菌の特徴です。

 

このようにもともと厳しい環境下で育つために、植物性乳酸菌は、酸やアルカリ、温度変化などに対応することができるのです。体の中に入ってから乳酸菌が通過する胃酸、熱などの過酷な環境条件でも死滅することなく、生き続けられることができるのです。生命力が強いのです。これがいわゆる“生きたまま腸に届く”ということを可能にするのです。生きて腸に届いてこそ、その効能を発揮することができます。植物性乳酸菌はその強さが便秘改善に役立つといえるのです。

 

植物性乳酸菌の摂取のポイント

食物性乳酸菌を効果的に摂取しようとするのであれば、毎日少量食べるのが効果的です。
その理由は摂取された植物性乳酸菌は、体の中に3日から4日間とどまるものの、そののちには体の外に排出されるからです。つまり腸内環境を整えたままにするためには、少しずつこまめに乳酸菌を摂取し続けることが大切なのです。

 

一気に便秘を解決しようとして、一度にたくさんの乳酸菌をとるのではなく、毎日の摂取を心がけてください。長期的に摂取することで、便秘を改善してくれて便通がよくなります。

関連ページ

植物性乳酸菌ラブレが便秘にいいって聞くけど本当?
CMなどで乳酸菌ラブレが便秘に効果があると伝えられていますが果たして本当なのか?
生きて腸まで届く植物性乳酸菌。お通じの改善にも
植物性乳酸菌は生きて腸まで届き、便秘に効果テキメン!という話はよく耳にするのでは本当にお通じの改善に効果があるのでしょうか?
便秘解消に良し!植物性乳酸菌が含まれている食材・商品
植物性乳酸菌が含まれている食材や商品を紹介しています。便秘のお悩みの方はチェック!
話題の植物性乳酸菌。どうやって摂取すればいい?
CMなどで話題の植物性乳酸菌ですが、主な摂取の仕方は?詳しく解説しています。
お通じをよくするには植物性乳酸菌がベスト!
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。
コロコロ便は病気の兆候?植物性乳酸菌で良い腸内環境へ
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。
よく下痢になる方は植物性乳酸菌を毎日の食卓に
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。