免疫力の強化

MENU
2015/07/31 00:02:31 | 免疫力の強化
冬には風邪をひきやすかったり、いつも何だか体調がすっきりしない。体の自然治癒力が低下しているのではありませんか?もし、便秘や下痢といったおなかの不調もあるなら、植物性乳酸菌で腸のメンテナンスを始めましょう。腸をメンテナンスすることで元気を回復してゆかれます。植物が作り出す乳酸菌乳酸菌は、動物のミルクから作られる動物性乳酸菌と、植物の発酵でできる植物性乳酸菌とがあります。植物性乳酸菌が育つ場所は栄養状態も、温度状態もミルクからできる乳酸菌と違い、良い環境ではありません。ですが、このお陰で植物乳酸菌は強く育ち、胃酸などにも負けずに腸まで生きてたどり着く事ができます。植物乳酸菌が健康に大きく貢献して...
2015/07/31 00:01:31 | 免疫力の強化
小さい頃はケガをしても治りが早かった!細胞の再生が活発だからですね。でも年をとるとともに、治りにくくなってゆきます。まあ、仕方がないのかな・・・と思って半ばあきらめていましたが、免疫力に関しては期待が持てそうです。というのは『免疫力をあなどるな!』(矢ア雄一郎著、サンマーク出版)の中で、免疫力は何歳からでも鍛える事ができると説明しています。同医師のお話によると、免疫力を司っている樹状細胞をトレーニングする事が可能で、鍛えるには発酵食品が効果的なのだそうです。それでは、樹状細胞と、そのトレーニングについてお話します。樹状細胞、侵入者を鋭く監視する免疫機能の樹状細胞は免疫細胞の中の一つで、免疫シス...
2015/07/30 23:57:30 | 免疫力の強化
野球やサッカーといったチーム競技は、花形選手の活躍も目を惹きますがそれ以上に魅了させられるのがチームプレーです。ヒトの体も、それぞれの器官が重要な役割を担っていますが、常に器官同士が密に連携してヒト一人の体を動かしています。ヒトの体の自然治癒力も、ある連係プレーで出来上がっています。今日はその免疫連係プレーの実態をちょっと覗いてみましょう。早わかり、植物性乳酸菌乳酸菌、その種類は2つ乳酸菌はミルクを基にした動物性の乳酸菌と、植物の発酵でできる植物性の乳酸菌があります。動物性の乳酸菌ヨーグルト、チーズはみなさんにもお馴染みですね。植物性の乳酸キムチ、柴漬けなどの漬け物、くずもち、味噌、醤油など、...
2015/07/30 23:56:30 | 免疫力の強化
「風邪をひかない体質になったらいいな〜」と思っている方、風邪に負けない力をつけてゆく事ができますョ。ウイルスなんて何のその、そんな強い免疫力はあなたの体の中に存在します。ただ、今はそれがうまく使われていない状態です。ですから免疫力が元気を取り戻し、あなたの体の中をくまなくパトロールができるように、免疫力を向上させてゆきます。それには「腸」力アップから始めます。腸には免疫細胞が集中している皆さんは既に腸が免疫力の要である事をご存知でしょう。その通りなんですね。腸のどの辺りかというと、小腸から大腸にかけて、そこに体の免疫細胞の60〜70%が集中しています。なんでこんなにも沢山?と不思議になりますね...
2015/07/30 23:51:30 | 免疫力の強化
毎年インフルエンザの予防接種はするものの、効果はあるのだろうかと不安をお持ちの方。インフルエンザにかかり易い方、またしょっちゅう風邪をひいてしまう方、乳酸菌にご注目ください。予防接種にもなると言われる乳酸菌です。実際どんなナチュラルバリアを体内につくってくれるのか、複雑な免疫システムを理解しながら、小さな乳酸菌の大きな力を見てゆきましょう。免疫免疫は複雑なシステム免疫は体を守ってくれる私たちのミカタ、別名は抗体です。敵に当たるのはウィルスや細菌で別名は抗原です。この免疫を担っているのは免疫細胞で、主体は白血球です。免疫細胞にはそれぞれに役割分担があり、白血球もマクロファージ、リンパ球、顆粒球で...
2015/04/21 21:16:21 | 免疫力の強化
日本人の腸と相性が良い植物性乳酸菌である「ラブレ菌」は京都の伝統的な漬物である「すぐき」から発見されたものです。日本人の食べ物からとる乳酸菌摂取量は年々減少し、動物性乳酸菌をヨーグルトからとる事がメインとなっています。毎日の健康維持のため、免疫力を向上し、病気にならない体にするためにも植物性乳酸菌を体に取り入れましょう。植物性乳酸菌が体に良い理由とは?私たちの腸の中にはとても多くの腸内細菌が生息しており、その種類は400を超えると言われています。その様子はお花畑のようにたとえられ、「腸内フローラ」と表現されていますね!耳にした人も多い事でしょう。腸内細菌の中で「善玉菌」と呼ばれる乳酸菌やビフィ...
2015/04/21 21:15:21 | 免疫力の強化
日本人の死因の第1位である「ガン」は病人大国である日本を表しています。「ガン」がこれほど増えた背景には、食生活の変化があげられます。日本人は昔、植物性の食材を多く食べていました。動物性の物は魚介類が少し食卓に上がる程度で、肉や卵、牛乳などの動物性タンパク質はほとんどありませんでした。戦後、大きく変わった食生活は私たちの体をどのように変えて行ったのでしょう。食生活の変化から、私たちが忘れてしまった健康食生活を取り戻す為に必要な事をまとめました。食生活の欧米化について戦後の日本は欧米の栄養学を取り入れ、動物性食品をどんどん取り入れ、脂質の過剰摂取を引き起こしました。肉類を多く取る事で、自然と野菜や...
2015/04/21 21:14:21 | 免疫力の強化
インフルエンザの流行が始まる前に、多くの人が予防接種へと向かいます。実はインフルエンザのワクチンは、「のど」や「鼻」に抗体を作る事ができません。感染源として一番あげられる「のど」や「鼻」ではなく、血液中にしか抗体を作れないのです。インフルエンザにかかりたくない人は、予防接種よりも免疫力をアップさせてはいかがでしょうか。病気になりやすい人と、なりにくい人には免疫力の違いがある事を理解し、自分の体に役立ててみませんか?免疫力アップと腸内環境の関係とは?体の中の免疫細胞の70%は腸に集まっています。それは、体に良い栄養も、悪い細菌やウィルスもすべて腸に集まるしくみが体にあるからです。NK(ナチュラル...
2015/04/21 21:12:21 | 免疫力の強化
インターフェロンという言葉をしっていますか?インターフェロンは動物の体内でウィルスや腫瘍細胞など、体にとって悪い異物の侵入を感知した時に分泌される物質です。それはリンパ球などで作られるタンパク質で、ガン細胞やウィルスの排除などとてもすばらしい力を持ったものです。昔の日本人の死因の第1位を調べてみると50年前は結核、そのあとは脳卒中、そししてこの20年ほどずっと「がん」がトップに君臨しています。インターフェロンを体内でうまく作り出せていないのも原因の1つでしょう。インターフェロンを作り出す食べ物ってあるの?インターフェロンは体内で生産されます。健康な人でも40代を過ぎた事から生産量は減り、ガンや...
2015/04/21 21:11:21 | 免疫力の強化
私たちの体の中では様々な細胞が外的から身を守るために活動しています。マクロファージやB細胞、ヘルパー細胞、NK(ナチュラルキラー)細胞などがありますが、この中でもNK細胞は様々な力が備わっていると注目されています。様々な免疫細胞を束ねるチームのキャプテンのような存在のNK細胞について調べてみました。NK細胞ってなんだろう?NK細胞は体の中に50億個以上あり、ガン細胞などの強い物から、日常的にかかる風邪に至るまで外敵から体をガードし攻撃をしてくれます。NK細胞の数は個人差があり、体力差や体質などもありますが、風邪をひきやすい人ほどNK細胞は少ないというデータが存在しています。そのことから分かるよ...