植物性乳酸菌が免疫力を向上させてくれる理由

MENU

植物性乳酸菌が免疫力を向上させてくれる理由

野球やサッカーといったチーム競技は、花形選手の活躍も目を惹きますがそれ以上に魅了させられるのがチームプレーです。ヒトの体も、それぞれの器官が重要な役割を担っていますが、常に器官同士が密に連携してヒト一人の体を動かしています。ヒトの体の自然治癒力も、ある連係プレーで出来上がっています。今日はその免疫連係プレーの実態をちょっと覗いてみましょう。

 

早わかり、植物性乳酸菌

 

乳酸菌、その種類は2つ

乳酸菌はミルクを基にした動物性の乳酸菌と、植物の発酵でできる植物性の乳酸菌があります。

 

動物性の乳酸菌

ヨーグルト、チーズはみなさんにもお馴染みですね。

 

植物性の乳酸

キムチ、柴漬けなどの漬け物、くずもち、味噌、醤油など、身近な食品です。
ザワークラウトから分離して作られた植物性乳酸菌HSK201や、ラブレ菌などもあります。

 

植物性乳酸菌はこうしてできる

植物乳酸菌は、野菜やコメ、麦などの植物を乳酸菌が発酵させることでできます。エサになるのは植物に含まれるブドウ糖、果糖、ショ糖などです。そして、大事な役割をしてくれるのが微生物、カビや酵母、細菌です。

 

例えばキムチ、材料は白菜やニンジン、大根、トウガラシ、塩、ニンニク、魚介系の塩辛などです。材料を混ぜ合わせ、漬けて3〜4日もすると発酵が始まり、小さな泡が出てきます。香りも酸みを帯びたように変わってきます。これが発酵している段階です。

 

植物性乳酸菌はどんな働きをする?

乳酸菌が植物を発酵させてくれたお蔭で、元の野菜よりも風味が良くなり、消化吸収されやすい状態に変わっています。
また、キムチの材料を見て分かるように、作る段階で塩が使われます。でも、植物は発酵して乳酸菌が豊富な食品に出来上がります。このように作られる段階がすでに厳しい状況なので、胃酸にも負けずしっかりと腸まで生きて届きます。

 

つまり、食べた時に消化吸収されやすいうえに、腸内で善玉菌を助け腸内の環境を改善する働きをしてくれます。

 

早わかり、免疫

 

免疫は体のどこで作られる?

免疫は、免疫器官(骨髄、胸線、リンパ節、血管、膵臓、腸など)で作られます。骨髄には造血管細胞というのが存在します。免疫細胞や血液中の物すべては、この一つの細胞から生まれて、体中へ送られてゆきます。そして、この免疫細胞の70%ほどは腸官に集まっているのです。

 

免疫力を司る腸

腸が免疫に大きく関わっているのですが、どうして腸に集まっているのでしょう。また腸自体と免疫はどんな関係にあるのでしょうか。

 

腸官免疫系

腸はナガ〜イ管がヒダヒダの膜で出来上がっている状態です。ヒダヒダの膜も外側、内側、その間とサンドイッチになっていて、そこにいろいろな細菌が棲んでいます。この長い管の入り口は「口」、その終わりが「肛門」・・・つまり内臓なのに、外の世界にいつも触れている状態でウィルスや細菌が入り込みやすくなっています。そこで、体をしっかりと守れるように腸官免疫系と呼ばれる、いろいろな機能が連係して体を守るシステムが発達したのです。

 

腸内細菌叢(さいきんそう)と腸官免疫系のかかわり

腸官には1000種類、100兆個もの細菌が棲んでいて、細菌だらけ。腸内細菌叢(叢=草むら)は、細菌が草ぼうぼうの空き地を作っているみたいですね。
さて、細菌だらけなので、本来なら腸官免疫系がやっつけに出向くところですが、免疫兵士は排除するどころか、腸内細菌叢のバランスが良くなるように積極的に維持してくれます。このお返しに、腸内細菌叢は腸官免疫系のより良いシステム作りの為に貢献します。

 

このように、持ちつ持たれつの関係がある腸内細菌叢と腸官免疫系。私たちにとって、良くて嬉しいウィンウィンの関係にするには、腸内環境を改善してゆくのが早道で、確実なのです。

 

どうして植物乳酸菌が免疫力をアップしてくれるのか

 

腸内環境を改善し腸内細菌叢が良い状態に整うと、持ちつ持たれつの関係にある腸官免疫系の働きが良くなるのですね。腸内環境を改善するには、何が手っ取り早くて効果を期待できるでしょう?

 

・・・そうです!乳酸菌です。そこで、登場してもらうのが生きて腸まで届く「植物乳酸菌です」。

 

簡単に『早わかり、植物乳酸菌』でお話したように、植物乳酸菌の特質はずば抜けています。

 

・ミルクからできた乳酸菌よりも過酷な状況で生き続けるサバイバルな乳酸菌
・サバイバルなので、生きて腸まで届く
・発酵食品に含まれるので、毎日の食生活に取り入れやすい

 

そして植物乳酸菌が腸へ届いて得られる結果は

 

・腸内環境の改善をしてくれる
・善玉菌優勢となり、悪玉菌が減り、お通じが整い、悪い物質は腸内にとどまらない
・腸内細菌叢のバランスが良くなるので、腸官免疫系システムがよりよく機能する

 

腸官免疫系システムが良く機能するという事は、免疫力(自然治癒力)が向上する事につながるんですね。

 

 

まとめ

植物性乳酸菌は腸内をきれいにし、お通じのトラブルを解消してくれるだけではなく、きれいになった腸は免疫力を向上できるように免疫系システムに働きかけてくれます。きっと皆さんは既にお気づきでしょう、私たちの体は各器官が個々でしっかり働きながら連絡を密に取って連携プレーをすることで大きな成果をあげてくれているのです。植物乳酸菌は腸内環境を良くして、免疫力もアップさせてくれます。

 

関連ページ

NK(ナチュラルキラー)細胞を元気に。植物性乳酸菌が腸で作用する
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。
インターフェロンを作り出す植物性乳酸菌の働き
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。
インフル予防にも
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。
ガン予防にも
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。
免疫力の向上も。植物性乳酸菌ラブレの力
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。
インフルエンザにかかりやすい方注目!乳酸菌が予防接種になる?
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。
風邪をひきやすい方必見!腸から免疫力を向上。風邪のひきにくい体質に。
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。
免疫力は生まれつきのものではなかった?乳酸菌で体質改善。
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。
植物性乳酸菌で病気知らずに!
今話題の植物性乳酸菌。CMでも目にすることが多いですが果たして効果は?植物性乳酸菌で「菌活」をはじめようとしている方のためのサイトです。